人気モデル長谷川潤さん(32)が離婚したとの発表に驚きと心配の声が広まりましたね。2児の母でありながらナチュラルで健康的で美しいその容姿、そしてハワイでの結婚生活・・・とプライベートも充実していた長谷川潤さんに一体何があったのか、いてもたってもいられなくなりました。

離婚に至った理由、子供の親権について、長谷川潤さんを心配する声と共にリサーチしてみました。


長谷川潤が離婚を発表したインスタの投稿内容は?

2019年5月10日、所属事務所がマスコミ各社へのFAXで発表した様子。離婚時期などは明らかにされていませんが、長谷川潤さんのインスタグラム公式アカウントでもご自身の声を発表されています。

 

この度私 長谷川潤は結婚生活にピリオドをうちました。
この8年間は幸せな事もたくさんありましたし、何より2人の子供を授かったことに感謝の気持ちしかありません。
時間をかけ話し合い、夫婦という形は解消することになりましたが、子供たちには今後も変わりなく父親と母親として協力し合いながら、たくさんの愛を持って暮らしていきたいと思います。
私たちのこれからの未来を温かく見守っていただけますよう、皆様どうぞよろしくお願いいたします。
.
長谷川潤

美しい青空の写真と共に投稿されたこの言葉。まず冒頭に、8年の結婚生活で幸せもあったこと、そして2人の子供を授かったことへの感謝が綴られていることでぐっときますね。

これからの人生をどうか晴れやかに、という願いがこもっているのでしょうか。離婚に関しての記事ですが「いいね!」も10万件以上付いています。きっと彼女を案じたり応援する想いが多いのでしょうね。コメント欄もポジティブな内容で溢れているのが印象的でした。

長谷川潤と旦那の離婚の理由は何?

公式発表では長谷川潤さんと旦那様との離婚の理由に付いては明らかにされていません。
長谷川さんは2011年(当時25歳)、相手は当時30代前半、ハワイ在住の一般男性で台湾系アメリカ人の方、そしてハワイで人気のスニーカーショップ「KICKS/HI」のオーナーをされていることでも有名です。

2017年のとある番組で長谷川潤さんが元旦那様との関係について「子どもができると一回ぐちゃぐちゃになった」と告白された様子。「子どもに対する責任感の割合が夫婦対等なのが当たり前だと思っていたのに実際、フタ開けたら違うってショックだったり(する)」と率直な気持ちを明かしたそうです。第二子出産の産後鬱をきっかけに超越瞑想たるものを始められたようですが、出産という大きなもので変化する何かを夫婦間でうまく受け止められずすれ違ってしまったのかもしれませんね。

会社を経営する旦那様と、モデルとして期待・活躍される長谷川潤さんですが、二人とも仕事を離れれば人であり親であっても、夫婦・親としての立場以上に、モデルの仕事・そして経営の大変さ、とを同時に切り盛りするのはきっとお互いに大変なことだったのであろうことは想像できますね。

近年長谷川潤さんのインスタなどでは近年は子供3人で映る姿が多かった様子。TVなどでは子育ての話でたまらず涙するシーンもあったとかで、一部では離婚を危惧する声もあった様子です。

子供の親権はどうなる?

長谷川潤さんは2012年12月に第1子となる女児、2014年9月に第2子となる男児を出産され、現在はそれぞれ6歳の娘さん、4歳の息子さんの2児の母です。

View this post on Instagram

 

My little Pumpkin Munchkins🎃

Jun Hasegawa/長谷川潤さん(@liveglenwood)がシェアした投稿 -

ご本人のコメントでは離婚後も変わりなく父親・母親として協力しあう旨を発表されていますが、インスタ等では母子3人で映る姿も多く、おそらく一番身近にいる長谷川潤さんが親権を持って育てていくものと思われます。

娘さん、息子さんとも仲よさそうに楽しそうに映る写真も多く、その2人の顔が笑顔であったことがファンとして安堵しました。元旦那様のプライベート投稿にも、子供達と映る姿があるそう。

離婚に関しての是非や賛否は色々ですし、両親が揃っていることに越したことはないのかもしれませんが、事情は色々。何より子供達が幸せに暮らし、生きていってくれることを願い、応援したいものですね。

 

 

長谷川潤の離婚に世間の反応は?

今回の長谷川潤さんの離婚について、世間では色々な声が広まっています。

他にも、長谷川潤さんが離婚を発表したインスタグラムへのコメントには以下のようなものも。

夫婦というのは難しい。でも良い父、良い母でいることはできますもんね。私もがんばります!そしてきれいで素敵なじゅんちゃんをこれからも応援してます

私もこの1月に、夫婦という形を解消しました。子供達にとって、私がお母さんである事実、そして元夫がお父さんである事実は変わりませんし、子供達への愛情も変わりません。むしろ新しい家族のカタチになり、改めてお互いに感謝を覚えることも増えました。

励ましの声がとても多く、同じく離婚した女性からのコメントも多くあります。
全てを手に入れていると思われていた長谷川潤さんの離婚についての報道は世の中の人々に色々な思いを与えたと思いますが、本人が日々頑張る様子が応援の声に繋がっているように感じられました。

 

長谷川潤のプロフィール

View this post on Instagram

 

Jun Hasegawa/長谷川潤さん(@liveglenwood)がシェアした投稿 -

長谷川 潤(はせがわ じゅん・1986年6月5日 生まれ )さんは日本の女性ファッションモデル、タレント。身長は164cm、本名“長谷川カウルヴェヒ潤”。アメリカ・ニューハンプシャー州出身で、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ。3姉妹の長女。2歳でハワイへ移住し、14歳まで過ごす。15歳で来日しモデル業を始業するも当初は全く仕事にありつけないことも。2002年から雑誌「ViVi」の専属モデルとなり一躍人気モデルへ。8年間の活動を経て「GLAMOROUS」へ露出、2015年からオスカープロモーションに所属。

おわりに

人気モデルで順風満帆と思われる声も多かった長谷川潤さん。理想の生活、理想の人生、と思われていただけにファンのショックも大きくはありますが、でもモデル業という仕事で私たちに夢をくれていることは間違いありませんし、変わらず応援したいですね。

美しくも端正な顔立ちに憧れる女性も多数ですし、あらゆる服や化粧品を引き立たせてくれるのも彼女ならでは。それもプロ意識を高く持ち、あれだけの容姿を維持する努力があってこそ。その努力には人として拍手したい気分です!

子供がいる上での離婚については数々の声があることも事実ですが、何より彼女の輝き、努力が子供達の未来を明るく照らしてくれるものであって欲しいと願います。離婚という人生の節目を経て、これからも彼女の持ち前の器量で輝いてくれるよう、そして離婚後も父母共に、そして子供たちも幸せな人生を送れるよう陰ながら応援したいと思います!

 

 

おすすめの記事