佐野サービスエリア(佐野SA)下りがお盆の繁忙期に突然のストライキで営業を停止し利用できないと話題になった上ニュースにまで発展しました。利用して佐野ラーメンも食べたことがあるので心配になって見てみたら、「なぜこうなったのかはフライデーデジタルの記事に書いてある」ということで早速フライデー記事を調べてみました。

※8/15佐野サービスエリアの運営会社、ケイセイフーズの岸敏夫社長がインタビューに応じられたということでその様子&動画を追記しました。

従業員によるストライキの原因や理由は何なのでしょうか?佐野SAを経営しているケイセイフーズとはどんな会社でどんな社長なのか、そして再開はいつなのか、についても調査してみました。

引用元:ドラぷら

佐野ラーメン、さっぱりして好きだったけど・・・

佐野サービスエリアSAのフライデーデジタルの記事内容は?

確かに2019年8月11日に、フライデーデジタルの記事がアップされていました。

記事の内容によると、
まず「東北道 佐野サービスエリアの運営会社が倒産危機で棚が空っぽの異常事態」と題してこんな取材記事を書いています。

「那須高原からの帰りに、佐野サービスエリアに立ち寄ったときのことです。店内にお客がたくさん居るのに、9割以上の棚に何も商品が置かれていなかった。探していた名物『佐野ラーメン』のおみやげ売り場を見てみても、売り場の棚は完全にカラッポ。結局、何も買うことができませんでした」(都内に住む40代男性)

夏休み中、家族連れで賑わうサービスエリアで、信じられない事態が発生している。8月上旬、NEXCO東日本が運営する上り線の「佐野サービスエリア」(栃木県)で突如、棚に商品が補充されなくなってしまったのだ。

 

実際に商品が無いと感じていた人もいたようです。

そして、FRIDAYによると、とある納品関係者がこう話したそうです。どうやら「倒産の危機」という噂により、まず業者が商品を卸さなくなったようですね。

「実は先月、佐野サービスエリアをNEXCO東日本から任されている株式会社ケイセイ・フーズが倒産の危機にあるとの情報が流れました。その情報を入手した一部の業者が、納品を中止する事態に発展。

業者間の横のつながりで情報は一気に広がり、雪崩を打って次々と納品が停止された。あっという間の出来事でしたが、納入業者としても被害を最小限で食い止めるため、シビアにならざるを得ないのです」

 

また、納入業者の方たちがケイセイ・フーズがメインバンクからの新規融資凍結を受けていることを確認できたことで、仰天、心配したようですが、ケイセイ・フーズ社長は「業者ごときで調子に乗るな」と反発したそうです。

でも本当に商品が納入されなくなりNEXCO東日本から契約解除の恐れが発生し、即金で買うことを条件に商品がなんとか納入されたそう。ただ、月末に数千万の支払いが残っているそうで、この支払いがどうなるかによって佐野サービスエリアの存続の声が危ぶまれているそうです。

・・・とフライデーの記事はここまででしたが、今回ニュースになったのは「社員のストライキ」でした。これがどんな関係があるのでしょうか・・・?

ストライキの原因&理由は!?

ストライキの内容はこうでした。

佐野SA上り運営会社ケイセイ・フーズ岸敏夫社長の経営方針にはついていけません。これは従業員と取引先のみなさんの総意です。

解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣を求めます。

Yahoo!ニュースで佐野サービスエリアと検索してください。なぜこうなったのか、このフライデーデジタルの記事に、ほぼ事実が書かれています。

ケイセイ・フーズ 従業員一同

経営難についての言及でしょうか。部長と支配人の解雇についても関係があるようですね。

このケイセイ・フーズとはどんな会社なのか、また解雇とはどんな内容だったのか?調べてみました。

ケイセイ・フーズについて&不当解雇があった?

正式名称は「株式会社ケイセイ・フーズ」です。主な業種としてはサービス・飲食業となっており、「東北自動車道の佐野サービスエリアの運営を行う会社」となっています。

栃木県佐野市を主な拠点として、今回の「東北自動車道の佐野サービスエリア」運営や、レストランやフードコートの運営および土産の販売などを実施していたそうですが、とある情報によると、

TSRの企業データベースによると、ケイセイ社の代表取締役A氏が代表を兼務する企業は栃木県内に複数確認される。このうち、少なくとも2社は最近の決算で債務超過に陥っている

とありますので、決算情報で債務超過とあれば経営難に直面していたのは事実かもしれませんね。

社名:株式会社ケイセイフーズ
所在地:栃木県佐野市浅沼町898番地磯貝ビル6階

ただ、気になるのは「部長・支配人の解雇」ですが、これについては、部長ご本人と思われる方のfacebookの拡散希望メッセージが出ています。

よく見ると「総務部長」とありますね。もし経理部も包括するような場合、経営数字にも携わっていた可能性もあります。なぜ「解雇」となったかは、社長と部長しかわからない部分もあると思いますが、ご本人が「不当」だとこれだけ堂々とおっしゃるということはそれなりの理由があるはずですね。

ただ、部長が役員であったかどうかは不明です。役員であれば株主総会による解任という可能性もありますが、「解雇」と書いてあるということは社員ということだったのでしょうか。なお、支配人は更迭とありますので立場は変われど在籍中なのか?は不明です。

今回、従業員を巻き込んで、ということになるので、社長に対する抗議からのストライキの可能性が高そうですが、経営の内情が見えないので実際のところは定かではないように思います。

気になるのは「業者ごときで調子に乗るな」という社長の発言が本当にあったかどうかですが・・・だとすると、人の反発を買ってしまう傾向があったのかもしれませんね。

8/15 ケイセイ・フーズ社長の会見内容

今回の事態を受けて、8月15日、運営会社のケイセイフーズの岸敏夫社長が会見を開き以下のように述べられたそうです。

「仕入れ業者との注文の食い違いがあったり、社員の不当解雇というのがありまして、それでストライキということになりました。

すでに昨日の段階で、解雇は撤回しておりまして、一刻も早く再開できるようにしたいと思っています」

Q:社員の方々はそれを受け入れているんでしょうか?)

「特に不平不満もなく、今のところ、再開に向け、打ち合わせが進んでいます」

「不当解雇」はどうやらあった、ということですね。

再開に向けて打ち合わせが進んでいるとのことですが、再開日については決まっていないようです。

再開はいつかも調査!

そんな佐野サービスエリアですが、一体いつ再開するのでしょうか!?

ストライキが解消しない限り、運営再開は厳しいように思いますが、今回の問題はこれだけ大きくなってしまったこともあり、なかなか一筋縄で解決しそうにない印象です。

また、もしケイセイ・フーズの経営難問題が事実であれば、いずれにしても閉店せざるを得ない状態かもしれませんね。

どちらにせよ、サービスエリアについてはNEXCO東日本が主体なので、この問題が解決されなければケイセイ・フーズに変わる新しいテナントを探す動きにはなると思います。(本来、退去にあたっては契約上の申し出期日があると思いますが、NEXCOの発表を見る限り寝耳に水といった感じなので、時間の問題な気もします。)

すぐに再開!とはならなそうですが、新しいテナントが決まれば売店くらいであればすぐに再開されそうですね。利用者を困らせていることは事実なので一刻も早く再開して欲しいですね。

 

おわりに

やはり揉め事は見ていると辛いものがありますので、色々と円満に片付いて欲しいと案じてしまいます。何より早く再開して、活気あるサービスエリアにしてほしいですね!

なお、筆者は佐野SAといえば佐野ラーメン!な印象でしたが、上りSAだけでなく下りSAにも色々あるんですね。

ここは上り下りが繋がっていて徒歩で行き来できるSAなので、困った方は立ち寄る方は下りを利用しましょう!

おすすめの記事