横浜市の南部、金沢区をメインに走る「シーサイドライン」。“金沢シーサイドライン”“横浜シーサイドライン”などと呼ばれ、八景島シーパラダイスなどに行く際などに利用されることなどでも有名な路線。このラインの「新杉田駅」で6/1に逆走事故が発生。25メートル逆走して、怪我人などが出ました。(6/1午後9時現在で20人が負傷、うち2人が重症)

無人運転で動く自動運転が特徴の新交通システム「シーサイドライン」。自動運転の実績も長く、「30年間無事故」だった今、なぜ逆走事故が起こったのでしょうか?

シーサイドラインの逆走はなぜ?その理由と、動画や画像、ツイッターでの状況報告などをまとめてみました。

無人・自動運転のさきがけだったような!でも30年間無事故はすごいね!居眠り運転とかないし!停車位置超えるのも無いもんね!

シーサイドライン逆走はなぜ?理由は?

自動運転・つまり「無人運転」が行われていた「シーサイドライン」。平成元年の1989年に開業し、1994年(平成6年)から無人運転の実績があります。かれこれ30年程の歴史があるこのラインですが、開業以来無事故だったそうなので逆走事故の理由はとても気になりますね。2017年度の1日当たり平均利用者数は約5万2400人だそうです。

シーサイドラインは、

あらかじめ登録されたダイヤ情報をもとに、司令所にある運行管理装置で進路設定や発車時刻などを制御。運行管理装置からの情報をもとに、自動運転装置でプログラムに沿った無人運転をしている。

 

そうです。地元の人も「え?シーサイドラインで事故起こるの?」と言う驚きの声が聞こえるほど、30年間の無事故実績が印象強かった様子。なお今回の事故については以下のように発表されています。


・列車は新杉田発並木中央行きで、5両編成。
・始発駅の新杉田駅でドアが閉まった後に逆走。(約25メートル)
・乗客は事故当時30人程乗車しており、この事故で20代から80代の男女14人が重軽傷を負った。いずれも命に別状はないとのこと。


神奈川県警によると、本来の停車位置から約25メートル逆走して車止めにぶつかって停車。乗客らは激しい衝突により、席から投げ出されるなどした様子。

今回の逆走事故について、現段階での明確な事故理由は「不明」です。
原因追求には長期間を要すとのこと・・・引き続き情報が入り次第追記して行きたいと思います。

なお、5月30日に行った目視での「列車検査」で異常は見られず、2017年に実施した走行部分などを分解整備する「重要部検査」でも異常はなかったそう。今後の事故の調査で焦点になるとみられるのは、“あり得ないはずの逆走”に至った原因が車両側の異常なのか、あるいは地上側だったのかという点とのこと。

なお、シーサイドラインは今年2019年3月31日に「金沢八景駅」の新駅が開業。旧駅から約150メートル西に延伸され、京浜急行線の駅と屋根付きの歩道橋で接続されたそう。両路線の乗り換えが1分以内になるなどで地元住民に注目されていましたが、この際のシステム変更が関係しているかどうかも不明です。

シーサイドライン事故の動画・画像は?

シーサイドライン逆走事故発生後のニュース動画を見て見ましょう。NHKは以下のように放送しています。6/2正午現在シーサイドラインは事故調査の為運休している様子。復旧の目処はまだ立っていないようです。

6/4追記:4日のAM11時、運転士が操作する「有人運転」で運行を再開。当面は通常の65%程度の本数で運行するそうです。

 

シーサイドライン逆走事故のツイッターtwitteの声

シーサイドラインに乗車していたと見られる方のこんなつぶやきがありましたが、これに対するツイートも出ています。

上記のツイートに対して、

とのコメントが。
司令塔側のシステムの不具合なのか、プログラムを受信する側の車両の制御システムの問題か、はたまた車両の不具合か・・・原因は深まるばかりです。

また、以下のように「三相交流モーターでの断線」もあるのでしょうか?

また、手書きでこんなツイートをしている方も。

 

 

 

こんな意見もあります。地元民からするとまだまだ自動運転が少ない時代にスタートし、無事故を貫いてきたシーサイドライン。横浜市立大学病院をはじめ、住宅も多くあり、通勤・通学・通院などに利用する方も多いシーサイドライン。エールを送りたい方も多くいらっしゃると思います。

 

 

地元民の足でもある「シーサイドライン」。運転再開しないと困る近隣住民も多いのが現状です。

 

筆者もまだ学生の頃に何度か乗りましたが、無人の自動運転に感動したのを覚えています。これからの時代、自動運転が主流になるものも多いはずですし、メリットデメリットはどんなものにも存在するので、一刻も早く原因を突き止めて、安全運転を再開して欲しいですね!

 

おすすめの記事