台風18号のたまごであった熱帯低気圧はフィリピン沖で台風18号(ミートク)となり、日本への影響も予測されています。

台風18号の進路図や現在地などに注意する必要がありますので、アメリカの「米軍台風警報センター」「気象庁」「ヨーロッパ」観測の最新情報を確認したいと思います。

台風18号は「Mitag(ミートク)」と名付けられています(ミクロネシア・ヤップ語で女性の名前」の意味)。

※この情報は9月30日21時に更新しています。


台風18号の進路図と現在地は?

9月30日午前19時現在、台風18号は与那国島付近に位置しています。今後先島諸島を通過して大陸方面へ向かったあとは進路を変えて朝鮮半島〜東シナ海に入る見込みとなっているようです。

西日本では3日〜4日にかけて暴風域に入る可能性があります。九州・西日本の日本海側、山陰地方などは注意が必要です。

台風18号進路予想図9/30

 

「Windy」では現在地を見ることができます。

米軍アメリカ観測

9月30日現在、アメリカの米軍台風警報センター(JTWC)発表の観測によって確認されている「台風18号」の現在地は、以下の図内で赤い字で書かれている「TS19W"MITAG"」の部分です。

台風18号米軍進路予想図9/29

30日の15時時点で先島諸島近づく進路になっています。「30/12Z」は9月30日12時ですがアメリカ時間のため、9時間を足してご覧ください。(例「30/12Z」=「9月30日21時」)

台風18号米軍進路予想図2 9/29

気象庁観測

気象庁の発表では、台風18号は9月30日20時45分現在、与那国島周辺あり、北にむかって1時間に約25kmの速さで進んでいます。今後は東シナ海から朝鮮半島方面へと進む予想となっています。

台風18号情報(9月30日20時45分現在
■中心の気圧:965ヘクトパスカル
■最大風速:40メートル
■最大瞬間風速:55メートル

台風18号気象庁進路予想図9/29

台風は台風の中心は、台風の中心は、12時間後の1日9時には与那国島の北北西約290キロ、24時間後の1日21時には東シナ海の北緯29度05分、東経122度40分を中心とする半径90キロの円内に達する見込み。

48時間後の2日21時には黄海、72時間後の3日21時には日本海と予想されているようです。

ヨーロッパ中期予報センター観測

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では、10日間先の予報まで見ることができます。台風18号は日本列島へ近づいて進む進路となっています。

色は風速を表し「黄色:10M」「黄緑:15M」「緑:20M」「濃い緑:25M」です。

9月30日(9月30日9時予報)

9月30日には画像中央下に位置しています。

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点9/30

 

10月1日(9月30日9時予報)

10月1日には以下場所にあります。

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点10/1

 

10月2日(9月30日9時予報)

10月2日には韓国付近に位置しています。

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点10/2

 

10月3日(9月30日9時予報)

再び日本の本州へと近づき始めます。

 

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点10/3

10月4日(9月30日9時予報)

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点10/4

 

 

10月5日(9月30日9時予報)

台風18号ヨーロッパ進路予想図9/30時点10/6

日本への影響について

9月30日現在、米軍アメリカ台風センター、ヨーロッパ中期予報センターのいずれも台風18号を捉えており進路が発表されています。

先島諸島を中心に暴風雨に警戒する必要があるようです。前回の台風17号の比べて発達した状態とのこと。

先島諸島を通過後は東シナ海の大陸方面へ昔、進路を変え朝鮮半島から本州へと近く可能性があります。日本の九州・本州の中国地方など荒れた天候になることも予想されておりますので十分に注意が必要です。

また離れていても波風などの影響がありますので、こちらも十分にご注意ください。日頃からすぐ台風に備えられるよう、準備などされることをおすすめします。

まとめ

台風18号は台風17号と比べて大回りで進むようです。今後さらに強い台風となり進んで行く予想です。

毎年大きな影響をもたらす台風ですので、今回も油断せず過ごして参りましょう。

くれぐれも注意してすごしていきましょう!

台風16号17号についてはこちらで進路図などまとめています。

 

おすすめの記事