こちらでは台風19号(ハギビス)の進路予想をアメリカ米軍JTWC台風警報センター、気象庁、ヨーロッパ中期予報センターで比較していきます。現在地を知る便利な「Windy」についてもご紹介していきます。

現在、台風19号は日本列島を直撃する見通しとされています。現在地や、今後の進路予想を以下でご確認ください。

※10月12日1時現在の確認情報です。


台風19号進路予想比較:米軍

米軍台風警報センター(JTWC)発表の観測では、台風19号(ハギビス)は赤い字で「HAGIBIS」とある部分に位置しています。

※ 協定世界時(UTC)で表示されているので、9時間を足すと日本時間です。

【衛星画像の丸○の定義】
○は熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達する可能性を示しています。
黄色い丸「LOW」:今後24時間以内に発達する可能性は低いもの
オレンジ色「MEDIUM」:今後24時間以内に発達する可能性が高まってはいるが、24時間以上かかりそうなもの
赤色「HIGH」:今後24時間以内に発達すると思われる、もしくはすでに発達しているがまだ台風警報を出す基準には達していないもの。

台風19号米軍進路予想図10/11

台風19号の進路について米軍は以下のように発表を出しています。日本を直撃するルートをたどる見通しとなっています。

首都圏の東京に近くのは10月12日12時と示されているのですが、アメリカ時間のため、9時間を足してご覧ください。(例「12/12Z」=「10月12日21時」)

台風19号米軍進路予想図10/11-2

なお、台風19号は「Hagibis(ハギビス)」と名付けられます。(フィリピン語の「すばやい」の意味)。

気象庁

気象庁の台風19号の発表では、10月12日0時45分現在、マリアナ諸島近海にあるとされています。大きさは「大型」、強さは「猛烈な」と表されています。

台風19号情報 10月12日0時45分 発表
■存在地域:八丈島の南西約410km
■中心気圧:935hPa
■最大風速:45メートル
■最大瞬間風速:65mメートル
今後の進路は以下のように発表されていますが、日本の南側を通り、北海道沖へとぬけていく進路ですが、予報円が非常に大きいため広範囲で警戒する必要があります。
台風19号気象庁の進路10/11
・12日12時の予報:御前崎の南南西約220km
・13日0時の予報:宇都宮市の南東約30km
・13日21時の予報:千島の東(温帯低気圧)

ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では10日先までの進路予想を確認できます。以下「東アジア」エリアについて日を進めて見てみます。(10月11日9時時点の観測)

なお、色は風速を表し、「黄色:10M」「黄緑:15M」「緑:20M」「濃い緑:25M」です。

10月12日

ヨーロッパ進路10/11時点10/12

 

10月13日

ヨーロッパ進路10/11時点10/13

 

10月14日

ヨーロッパ進路10/11時点10/14

 

10月15日

ヨーロッパ進路10/11時点10/15

 

10月16日

ヨーロッパ進路10/11時点10/16

 

10月17日

ヨーロッパ進路10/11時点10/17

10月18日

ヨーロッパ進路10/11時点10/18

 

 

現在地をWindyで確認する方法!

「Windy」では現在地を見ることができます。風や大気の流れなどを視覚的に確認できて重宝されています。台風が近くにつれて、現在地をより細かく見れるようになっていきますので、雨雲の接近情報などにお役立て頂ければと思います。

※WindyはGFSモデル、ECMWFなどから天気予報データを取得しています。

 

まとめ

台風19号は米軍・ヨーロッパ予想センター・気象庁、いずれでも日本を直撃する進路と予想されています。

進路については気象庁、米軍、ヨーロッパとどれも似た進路発表がされていますので、日本への最接近(場合によっては上陸)については十分に警戒する必要がありそうです。

今後の進路には注意していく必要がありそうですが、秋のレジャーシーズンですので3連休に外出予定の方は特にご注意ください。引き続き観測していきたいと思います。

おすすめの記事