27日熱帯低気圧が日本列島に接近し「令和初」の台風3号(セーパット)になり、気象庁が注意を呼びかけています。

27(木)の午前中には高知県で1時間に50ミリ以上の「滝のような雨」を観測し、24時間の降水量が200ミリ近いところもあった模様ですが、台風3号は、27日21時現在、和歌山県潮岬の南西140kmの海上にあって、北東に時速50kmで進んでいる模様。

6月に台風が発生するのは2012年以来7年ぶりとのこと。6/28 と6/29は大阪でG20が開催される予定。大阪への影響が懸念されていますが、台風は今後もさほど発達せず、本州の太平洋沿岸を北東に進む見込みです。

 関東に最も接近するのは28日(金)早朝。28日(金)9時には千葉県銚子市の東南東の海上に達する見込みだそうで、「北より」の進路を進んだ場合は、関東や東海に上陸するおそれがあります。通勤時間帯に雨風がひどくなる可能性が高いので十分な警戒が必要となります。

top

この時期、梅雨前線も活発なため、総雨量がさらに増え大雨をもたらす可能性があるので注意警戒していきましょう!

台風3号発生の、気象庁とJTWC(米軍合同台風警報センター)の最新進路予想、そして大阪や東京への被害予想・影響について調べてみました。


台風3号2019・米軍と気象庁の最新進路予想情報は?

まず台風3号の進路予想図から見ていきましょう。JTWC(米軍合同台風警報センター)と気象庁の両方で比較してみたいと思います。

気象庁の最新進路予想情報は?

気象庁の最新進路予想は以下のようになっています。(令和元年06月27日21時50分 発表)
気象庁によると、

[台風の現況と予想]
27日18時、室戸岬の南南西約200キロにおいて、熱帯低気圧が台風第3号になりました。台風は1時間におよそ45キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、
最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側280キロ以内と北西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風は温帯低気圧の性質をおびながら28日朝にかけて西日本から東日本の太平洋沿岸を東北東に進む見込みです。その後、日本の東に進んで温帯低気圧に変わるでしょう。

[防災事項]
西日本と東日本では28日朝にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風、強風や高波に注意してください。

と予想されています。28(金)朝9時には銚子市の東南東約80kmに位置する見込みだそうです。

気象庁発表 台風第3号 (セーパット) 令和元年06月27日21時50分  発表
<27日21時の実況>
■存在地域
■潮岬の南西約140km
■中心位置
■北緯 32度35分(32.6度)
■東経 134度40分(134.7度)
■進行方向、速さ
■北東 50km/h(27kt)
■中心気圧:998hPa
■最大風速:18m/s(35kt)
■最大瞬間風速:25m/s(50kt)

■15m/s以上の強風域:南東側 280km(150NM)

令和元年 台風第3号に関する情報 第2号 (位置)
令和元年 6月27日21時50分 気象庁予報部発表

(見出し)
 台風第3号は、潮岬の南西にあって1時間におよそ50キロの速さで北東へ進んでいます。

(本文)
 台風第3号は、27日21時には潮岬の南西約140キロの北緯32度35分、東経134度40分にあって、1時間におよそ50キロの速さで北東へ進んでいます。
中心の気圧は998ヘクトパスカル最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで
中心の南東側280キロ以内と北西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 台風の中心は、12時間後の28日9時には銚子市の東南東約80キロの北緯35度30分、東経141度40分を中心とする半径80キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は992ヘクトパスカル最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルが予想されます。
 台風はこの後、温帯低気圧に変わり、24時間後の28日21時には日本の東の北緯37度35分、東経149度50分を中心とする半径110キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は992ヘクトパスカル最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルが予想されます。
 なお、台風や温帯低気圧の中心が予報円に入る確率は70%です。

今後の台風情報にご注意下さい。
[訂正]
見出しの台風の速さを、「1時間におよそ45キロ」から「1時間におよそ
50キロ」に訂正します。

進路予想図では28(金)の9時には室戸岬の南東約40kmに位置するようです。

 

米軍の最新進路予想情報は?

以下がJTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図です。
黄色い丸で囲まれている94Wという部分が台風3号になりそうと言われている熱帯低気圧の位置です。ただ、JTWCでは昨日26日までは「赤い丸」(24時間以内に発達すると思われているもの)だったのが、黄色(監視対象ではあるものの、今後24時間以内に発達する可能性は低いもの)に格下げしました。JTWCではこの熱帯低気圧は「台風にはならない」と予想していることになります。

台風候補のたまご
黄色の丸:94W=台風3号に発達すると言われている熱帯低気圧

引用元:Naval Oceanography Potal

 

昨日までは進路予想図が出ていましたが、台風に発達しないという予想のもと、現在は進路予想図がなくなっています。台風に発生した場合には進路図が発表されると思いますので追記していきたいと思います。

大阪・東京への被害や影響は?

ウェザーニュースによると、6/27(木)の12:10発表の雨雲情報は以下のようになっています。
局地的に赤くなっているのは激しい雨の地域もあり、高知県にあたります。

 

東京の予想

27日11時 ウェザーニュース発表によると、東京の予想は以下となっています。
27日夜から28日未明にかけてもっともひどくなりそうです。通勤時間帯も雨風が残る可能性があるので注意しましょう。

 

大阪の天気予想

27日11時 ウェザーニュース発表によると、大阪の予想は以下となっています。27日の夜にかけて雨量が増えるようです。28日正午には晴れる模様となっています。関空では過日のトラブルを受け、またG20を控えていることもあり厳重体制のようです。

 

台風ではないからといって油断するのは禁物です。今後の進路や雨量の予想などに注意していきましょう!

また情報を更新していきたいと思います。

 

おすすめの記事