台風5号(ダナス・DANAS)が7月16日15時に発生しました。フィリピンの東で発生した台風5号は、毎時15kmで西へ進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/s、18日から19日にかけて先島諸島に接近する見込みです。この台風5号の進路予想はどうなるのか?東京や大阪への影響はあるのか?が気になりますね。

このページでは以下それぞれの、
・米軍JTWC【米軍合同台風警報センター】
・ヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】
・ウィンディ【Windy】
・【気象庁】
・【日本気象協会】
進路予想を照らし合わせてみたいと思います。


台風5号2019の進路予想は?

順番に台風5号の進路図を見て行きましょう。

台風5号:米軍の最新進路予想情報は?

以下がJTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図です。
赤い文字で「DANAS」と書かれた部分が台風5号です。

上の図の上の画像は7月16日・日本時間で午後6時の配置です。
下の図は米軍JTWCの予測進路を表していますが、確かに東シナ海方面へ進んでいますね。日本を縦断する可能性は低そうです。

引用元:Naval Oceanography Potal

台風5号:ヨーロッパ最新情報の進路予想図

ヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】の、東アジア・インドネシア地域の進路予想図もでていました。

7月17日・日本時間で午前3時の配置です。(12時間ごとの更新)
(※画像は削除となりました。新情報にてご確認くださいませ。)

 

 

台風5号:Windyの進路予想

進路を自動更新で表示してくれる便利な「Windy」。基本となる気象データはヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】のデータですが、ヨーロッパ中期予報センターと違い、リアルタイムで情報更新してくるのでとても便利かつ、画像下のバーをずらすと時刻をずらして予想図を見れます。

台風の風の流れや勢いなど視覚的に見えて、釣り人などにも重宝されているようです。


 

台風5号:日本気象協会の進路予想

日本気象協会では以下のように予想図を出しています。台風5号は進路を北よりにすすみ、梅雨前線も次第に北上して19日ごろに広く雨で雨足が強まるところもあるそう。

16日午後3時にフィリピンの東で発生した台風5号は、今後、進路を北よりに。18日頃から沖縄で大シケや大雨の恐れ。梅雨前線も次第に北上し、広く雨に。
・沖縄 次第に波が高まる 18日頃から大シケ 大雨の恐れも
・梅雨前線も北上 19日頃 全国で雨 西ほど雨脚強まる

 

台風5号北上 沖縄は次第に大シケ 大雨も

台風情報・日本広域(2019å¹´07月16日21時現在)引用元:日本気象協会(tenki.jp)

台風5号:気象庁の進路予想

気象庁発表の進路予想図です。日本列島を縦断する可能性はなさそうですね。

台風情報(全体)

引用元:気象庁ホームページ

 

令和元年 台風第5号に関する情報 第2号 (位置)
令和元年 7月16日21時45分 気象庁予報部発表

(見出し)
 台風第5号は、フィリピンの東を
1時間におよそ15キロの速さで西へ進んでいます。

(本文)
 台風第5号は、16日21時には
フィリピンの東の北緯17度40分、東経123度55分にあって、1時間におよそ15キロの速さで西へ進んでいます。中心の気圧は994ヘクトパスカル最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心の南東側560キロ以内と北西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 台風の中心は、12時間後の17日9時には
フィリピンの東の北緯18度40分、東経123度10分を中心とする半径60キロの円内に達する見込みです。中心の気圧は994ヘクトパスカル最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルが予想されます。

 24時間後の17日21時には
沖縄の南の北緯20度30分、東経122度35分を中心とする半径130キロの円内に達する見込みです。中心の気圧は990ヘクトパスカル最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルが予想されます。

 48時間後の18日21時には
与那国島の西約130キロの北緯24度25分、東経121度40分を中心とする半径220キロの円内に達する見込みです。中心の気圧は985ヘクトパスカル最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルが予想されます。

72時間後の19日21時には
東シナ海の北緯27度55分、東経122度05分を中心とする半径330キロの円内に達する見込みです。中心の気圧は985ヘクトパスカル最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルが予想されます。

なお、台風の中心が予報円に入る確率は70%です。

今後の台風情報にご注意下さい。

 

台風5号2019の進路予想図と東京・大阪への影響のまとめ

米軍JTWC、ヨーロッパ中期予報センター、Windy、気象庁、日本気象協会のそれぞれの進路予想図で調べてみました。台風5号はおおむね西方面へと進むため日本直撃の可能性は低そうですが、沖縄・先島諸島や沿岸部の方は高波などに気をつけてください。

また全国的に梅雨前線の上昇とあいまって雨足が強まるところがあるようですので引き続き注意していきましょう。

 

おすすめの記事