梅雨明け間近というタイミングで発生した台風6号(ナーリー)は7月27日7時頃、三重県南部付近に上陸。今後は進路を東よりに変えて東日本の太平洋側を進む見込みです。そのあと28日(日)朝までに熱帯低気圧に変わり28日夜には海上に抜けるとのことです。

関東と東海には強い雨の降っている場所があり、近畿は27(土)夕方まで、東海は28(日)昼頃まで、関東は27(土)の朝と28(日)午前、北陸は27(土)までが雨のピークとの事です。

土曜〜日曜には関東地方は大荒れとなる恐れがあるため、今回は台風6号について気象庁の進路予想(米軍・ヨーロッパ予想)と、帰省・旅行シーズンに備えて飛行機の欠航情報などもまとめてみました。

週末は花火大会、お祭り、夏のレジャーなどがある方も多いと思いますのでお出かけの際には十分ご注意ください。情報を更新して行きますのでご参考になればと存じます。


台風6号の気象庁の進路予想・最新情報!

気象庁の進路予想図・最新情報

7月27日6時50分の気象庁の発表によると、台風第6号は、27日6時には熊野市付近にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいるとのこと。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。

台風6号は、27日の朝には紀伊半島に接近・上陸するおそれがあるそうです。

このあと太平洋に沿って北東または東北東に進み、28日には熱帯低気圧に変わる見込みだとのこと。台風は、東海地方で東よりに進路を変えて進むため、日本への影響が長引く可能性があるそうです。

台風6号・気象庁の進路予想図

日本気象協会の進路予想

27日(土)から28日(日)は全国的に見ると晴れる所が多いそうですが、関東と東海や雨風が強まり荒れた天気になるそうです。和歌山県をはじめ紀伊半島など、沿岸で一時的に雨が強まったり、風が強めに吹く所がありそうです。

日本に接近し27日(土)朝には紀伊半島付近に上陸するおそれがあります。その後、進路を東よりに変えて北上していきますが、東海地方を東へ進んだあとは28日(日)朝までに熱帯低気圧に変わって、関東甲信地方に接近するそうです。

北海道も27日(土)は、前線が通過するため午前を中心に本降りの雨となるそうです。進路予想を見ると潮岬に近づいたあとぐっと進路を変えて日本列島の太平洋沿岸部に沿って進む予想です。

 

台風6号・日本気象協会の進路図

 

週末は花火大会、夏のレジャーなど屋外のイベントも多くお出かけの予定の方は最新情報を確認してくれぐれもご注意下さい。

台風6号の進路予想と天気予報

台風6号の気象庁の進路予想・最新情報!

以下がJTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図です。

「27/06」は27日の6時という意味ですが日本時間は+9時間をして、27日15時時点の予想、ということになります。

日本をめがけて進んできたと思ったら進路を変えて太平洋沿岸を縦断するように進行する予想ですね。ぐっと折れ曲がっているのが特徴です。

飛行機欠航・遅延の影響は?

26日/27日と発着陸に影響のある地域もあるようです。航空会社各社の最新情報をご覧いただけるようにまとめました。

まだこれから進路等台風の影響が出てくる場合がありますのでご心配な方は台風情報と合わせて確認されてくださいね!

JAL(国内線) JAL「運行の見通し」はこちら
JAL(国際線) JAL「運行の見通し」はこちら
ANA ANA「運行状況のご案内」はこちら
スカイマークエアライン SKYMARK AIRLINES「発着案内・運航状況」はこちら
スターフライヤー スターフライヤー「運行状況のご案内」はこちら
AIR DO AIR DO「発着案内/運航の見通し」はこちら
ソラシド・エア ソラシド・エア「運航状況・運航の見通し」はこちら
フジドリームエアライン フジドリームエアライン「運行情報」はこちら

 

台風6号の関東への影響は?

関東への台風の6号の影響が出そうなのは、27日(土)の夜から28日(日)朝にかけてとなる可能性が高そうです。

今週末は各所で花火大会が予想されたり、各種夏休みイベントがある方も多いので晴れて欲しいものですね。

週末の関東は荒れ模様、ということですからお庭やベランダのものを確認し、飛ばされるものがないように固定するなどした方が良さそうですね。

台風の接近で蒸し暑くなる可能性もあります。窓を開けられない場合はエアコンを適切に使うなどして熱中症にも十分にご注意下さい!

また情報を更新したいと思います。

 

おすすめの記事