2019年7月31日午前9時、台風のたまごであった熱帯低気圧が南シナ海北部で、台風7号「ウィパー」となりました。北北西へゆっくり進んでいるとみられる台風7号ですが、台風7号の情報について、気になる進路予想を、米軍・ヨーロッパ・気象庁の進路予想に照らし合わせてまとめていきたいと思います。

日本への影響があるのか、日本の天気の動向などと合わせて確認していきたいと思います。レジャーシーズンということで大陸方面へのご旅行を予定される方もいらっしゃると思いますのでご参考になさってください。


台風7号情報と進路予想

台風7号(ウィパー)の中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sで、最大瞬間風速25m/sとなっています。進路は北北西へゆっくり進んでおり、今後は大陸方面に進む見込みです。

今回の台風7号の名前である「ウィパー」は、タイ語で「女性の名前」という意味だそうです。

また、フィリピンの東海上にはすでに別の雲の塊があり、対流活動が活発なため、雲がまとまると今後熱帯低気圧へと発達する可能性があります。いよいよ台風シーズンに突入してきましたので、今後の動向にご注意ください。

米軍の進路予想

JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図をみてみましょう。

31日(水)の14時現在の台風の位置を見てみましょう。
上の図の中の赤字で「TD08W“WIPHA” 」と書かれたところが台風7号になります。WIPHAは今回の台風名「ウィパー」のことですね。

進路予想図によると、中国の海南島を通り、ベトナムのハノイ方面へ向かう進路予想となっています日本への直接的な影響はなさそうですが、こちら方面へご旅行の計画がある方は影響があると思われますので今後の動向にご注意ください。

台風7号2019年・米軍の進路図

引用元:Naval Oceanography Potal

ヨーロッパの進路予想

ヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】の、東アジア・インドネシア地域の進路予想図は以下の通りです。こちらも大陸へ向かって進む予報で台風7号による日本への影響はなさそうです。

2019年7月31日時点の予想

画面左上の渦巻いているように見える黄緑色の円が台風7号です。

台風7号2019年ヨーロッパ予想0731

 

2019年8月1日時点の予想

画面左上の渦巻いているように見える黄緑色の円が台風7号です。

台風7号2019年ヨーロッパ予想0801

 

2019年8月2日時点の予想

画面左上の渦巻いているように見える黄緑色の円が台風7号です。台風の中心が大陸にかかったように見えます。

台風7号2019年ヨーロッパ予想0802

2019年8月3日時点の予想

だんだんと円の形が崩れているように見えます。

台風7号2019年ヨーロッパ予想0803

 

気象庁の進路予想

気象庁でも台風7号の発生を捉えています。

令和元年07月31日21時45分 発表によると、

7月31日21時の実況では南シナ海北部に位置し、
8月1日21時の予報では華南
8月2日21時の予報ではトンキン湾
8月3日21時の予報ではベトナム、という進路予想になっています。

台風7号2019進路予想図(気象庁)

 

日本への影響と対策について

今回の台風7号については直接的に日本への影響はないとのことです。

ただ台風8号のたまごといわれる熱帯低気圧がすでに発生していることもありますので、今後の動向をチェックして行きたいと思います。いよいよ台風シーズンということもありますので、いつ台風が発生してもおかしくないよう、日頃から備えをしておくことをおすすめします。

また、今回の台風の速度は遅いとのこと。レジャーなどで海外に行かれる方は行き先によっては欠航などの可能性もありますので十分にご注意ください。また、飛行機の欠航に関わらず、海のレジャーなどは波が高くなる危険があります。見知らぬ海外で事故等に合わぬよう、くれぐれもご注意ください!

台風の接近場所に大きな被害がないことを願っております!

おすすめの記事