台風8号(フランシスコ)は8月6日(火)7時現在、九州に上陸して宮崎県や大分県、熊本県が、風速25m/s以上の風が吹く暴風域に入っており、熊本県付近を北西に進んでいます、台風8号は6日昼過ぎには対馬海峡に抜ける見込みとのことですが、各地に影響をもたらしていますので注意が必要です。

現在中心の気圧は998hPa、中心付近の最大風速18m/s、最大瞬間風速25m/sで、強い勢力にまで発達するという見込みだそうです。日本への影響があり注意が必要となる台風ですので、今後の進路予想について米軍台風合同センター、ヨーロッパ中期予報センター、気象庁、の進路予想図をまとめましたのでご参考くださいませ。


台風8号発生!

南鳥島近海で発生した台風8号は6(火)には西日本の九州地方を直撃しています。

このあと台風9号も発生しており、まさに台風シーズンに突入した今、十分な警戒と対策が必要になっています。

top

米軍の進路予想

※8月6日14:30現在、米軍JTWCサイトが繋がらず、最新進路図が取得できておりません。復帰次第情報掲載いたします。

※以下は過去の情報になります。
米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図では、赤字でTS09W FRANCISCOと書かれたものが今回の台風8号です。雲が渦巻いているように見える部分が台風になります。

台風8号進路予想図・米軍

8月6日時点:米軍進路予想図

※8月6日14:30現在、米軍JTWCサイトが繋がらず、最新進路図が取得できておりません。復帰次第情報掲載いたします。

※以下は過去の情報になります。
台風8号(フランシスコ)の米軍の進路予想図です。赤い丸が各時間ごとの台風8号の進路を示しています

ちょうど九州・四国に差し掛かる予報円を指している数字は「06/00」となっていますが、これは6日の0時という意味ですが日本時間は+9時間をして、6日9時時点の予想、ということになります。

台風8号進路予想図・米軍

引用元:JTWC

ヨーロッパの進路予想

ヨーロッパ中期予報センター【 ECMWF 】の、東アジア・インドネシア地域の進路予想図は以下の通りです。昨日8月1日の段階ではまだ台風になっていませんでしたが、今日8月2日の段階でははっきりとした台風を捉えています。1週間後の8月8日時点では台風と思われる渦が見えてきます。

2019年8月6日時点:ヨーロッパ進路予想

8月6日の時点で九州地方付近に位置しています。

 

2019年8月7日時点:ヨーロッパ進路予想

台風8号は8月7日の時点で以下の位置になると予想されています。また日本の東の海上に新しく台風9号が接近してきています。

 

2019年8月8日時点:ヨーロッパ進路予想

台風8号は8月8日の時点では日本の北部に位置しています。台風9号が接近しています。

 

2019年8月9日時点:ヨーロッパ進路予想

台風8号は8月9日の時点では日本から離れ、代わりに台風9号が日本列島に接近している予報です。

 

気象庁の進路予想

気象庁でも台風の発生を捉えています。8月6日の13:45の発表によると、台風第8号は、壱岐市の東南東約30kmあって1時間におよそ25キロの速さで北西へ進んでいるとのことです。

また、7日の0時には朝鮮半島へさしかかる見込みです。

8/6 13:45発表の台風第8号 (フランシスコ)
存在地域:壱岐市の東南東約30km
進行方向:北西 25km/h(14kt)
中心の気圧:996hPa
中心付近の最大風速:23m/s(45kt)
最大瞬間風速:35m/s(65kt)

 

台風第8号

日本・沖縄への影響は?

かねてより米軍、ヨーロッパ中期予報センター、気象庁のどの予想図をみても、8月5日以降、8月6日にかけて、西日本の南西諸島・九州・四国沖縄方面の影響が予想でしたが、予報通り九州地方への上陸となりました。現在は「強い台風」ではなくなったそうですが、以前として雨風の影響がありますので十分にご注意ください。避難に関する情報にしたがって、解除のあとも河川の増水による氾濫や鉄砲水など、十分にご注意の上お過ごしくださいませ。

なお、ヨーロッパ中期予報センターにある通り、台風9号が発生しています。今後は多少進路が変わったり停滞する可能性もあります。予報はあくまで予報ですので、今後の最新情報に注意してお過ごしくださることをおすすめします。

引き続き観測を進めて行きたいと思います。

まとめ

米軍、ヨーロッパ予報、気象庁のどれをみても台風8号が日本に向かって接近、上陸してまもなく日本列島から抜けていきます。

ただ、これから数日にかけて台風9号がさらに発達、気象に影響がある可能性が考えられますので引き続き注意したいと思います。また夏は台風発生のシーズンですので次々に台風が発生していきます。

日頃から天候の変動などに注意し、備えておかれることをおすすめします。

また、台風の前後も悪天候になる場合がありますので、レジャーにお出かけの際は急な天気の変化等に十分ご注意の上、十分な装備を持っておでかけください!

引き続き観測していきたいと思います。

getpost id="1671" title="台風のたまご発生" ]

おすすめの記事