大阪の新淀川で開かれる“なにわの夏の風物詩”であり、大阪の人気花火大会ベスト3に入るなにわ淀川花火大会」が今年2019年も開催されますね!

「なにわ淀川花火大会の打ち上げ本数」は非公表ながら、約2万発は打上げられているという情報が!約1時間の中で、仕掛け花火に尺玉も多数、そして水面に映る花火は格別!ですよ〜

今年2019年の「第31回 なにわ淀川花火大会」のテーマは、「なにわの空に咲き誇れ!令和の幕開け飾る大輪の花! 」だそう。たくさんの尺玉で圧巻の花火大会になりそうですね。乞うご期待を!

今回は、「なにわ淀川花火大会2019」の
・日時と最寄り駅やアクセス方法
・混雑状況やトイレ・屋台情報

ついてご紹介したいと思います!


なにわ淀川花火大会の日時は?

今年2019年の「なにわ淀川花火大会」の日時などの詳細は以下の通り!今年のテーマは「なにわの空に咲き誇れ!令和の幕開け飾る大輪の花!」

第31回なにわ淀川花火大会 日時
■日程:2019年(令和元年)8月10日(土) ※雨天決行 荒天中止
■時間:19:40〜20:40
■会場名:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷
■会場住所:大阪府大阪市淀川区新北野3丁目 付近 淀川河川敷

最寄り駅とアクセス方法について!

最寄り駅情報

最寄り駅は以下の通りです。メインは「十三駅」や「塚本駅」となりそれぞれ駅から15分とありますが、実際には当日の混雑によりもっとかかるそう。時間には余裕を持って行きましょう!

●十三会場側:

協賛観覧席の案内によると、十三駅・塚本駅から徒歩15分とありますが実際はもっと時間がかかる可能性が高いのでご注意を!

十三会場側:最寄り駅
(JR東西線)御幣島駅 (阪神電鉄)姫島駅 (阪急電鉄)南方駅・十三駅 (JR神戸線)塚本駅 (大阪メトロ御堂筋線)西中島南方駅

 

●梅田会場側:

協賛観覧席の案内によると、阪急梅田駅・JR大阪駅・大阪メトロ梅田より徒歩25分とありますが実際はもっと時間がかかる可能性が高いのでご注意を!

梅田会場側:最寄り駅
(阪急電鉄)梅田駅 (大阪メトロ千日前線)野田阪神駅 (阪神電鉄)野田駅 (JR)大阪駅 (大阪メトロ御堂筋線)梅田駅 (JR東西線)海老江駅

以下の赤い印が打ち上げ会場なので、拡大して駅などご確認ください♪

だいぶ歩くことになりますが、JR東西線の「御幣島」「海老江」両駅からもアクセス可能なため、混雑がひどい場合は遠くなりますがそちらから移動するのもおススメです。(宝塚・神戸方面、京橋方面からの方は直通のため、特に便利だそう)

通行規制も出る点、近隣の駐車場はたくさんありますが、残念ながらどこも満車になり確約が難しいそうです(汗) どこかに駐車して電車で移動、が安全そうですね!

アクセスと通行規制

当日のアクセスですが、通行規制、そして観覧チケットの有無によって異なるので公式ホームページでよくご確認くださいね♪今年の情報を掲載しておきますのでご参考にどうぞ!

【当日の協賛席エリアへのアクセス方法】
協賛席の観覧チケットを持っている方のみ通行できる場所もあるため(十三会場・中央階段)、チケットを持っている方も交通規制などチェックしておくとスムーズですよ!

map_all引用:なにわ淀川花火大会ホームページより

 

【当日の交通規制】は以下の通り。

map_all

引用:なにわ淀川花火大会ホームページより

 

なにわ淀川花火大会の混雑状況は?

2018年度の来場者数は約60万人、と都市部の花火大会ということもあり非常に混んでいます。特に最寄り駅は非常に混雑しているため、案内されている駅とは違う駅からの移動をおすすめします!(先に記載したJRの御幣島、海老江駅などは比較的空いているそう)

またメイン会場に向かう十三駅などからの道は細いということもあり、打上げ時間が近くに連れて混雑を増し、進む速度も遅くなるとのことなので時間には余裕を持って出かけましょう!

 

例年大人気の「なにわ淀川花火大会」をゆっくり観たいと言う方には有料観覧席がおすすめ!協賛観覧席は複数種類発売されるので、予算や用途に見合った席のチケットを購入することができますよ♪

詳しくは以下でご紹介していますのでチェックしてぇぇぇ!

 

おすすめの記事